「labeling(ラベリング:レッテル貼り)」

人材育成ブログ

 「認知のゆがみ」は物事の捉え方に関する偏見のことです。1976年
アメリカの精神科医アーロン・ベック(Aaron Temkin Beck)が提唱した
理論です。
本号で取り上げる「思考のゆがみ」は,自分や他人の性格に対してネガ
ティブなレッテルを貼ってしまう思考パターンです。
過去のミスを過大に取り上げて「自分(彼)はダメ人間だから明るい未
来は来ない」などと勝手にレッテルを貼ってしまいます。
このように,自分や他人に対してネガティブなイメージを作り上げて,
そのイメージが固定してしまうと,なかなか元に戻すことができなくなり
ます。その結果,事あるごとに「私は人から消極的だと思われているから
この場でこんな発言をしたらみんながびっくりするからやめておこう」と
か,「彼女は自分のことしか考えない性格だからこんな頼み事は無理だろう」
などと勝手な解釈をしてしまいます。
 こうした「認知のゆがみ」は職場の人間関係を狭くし,仕事をするうち
に強いストレスを感じて,うつ病になることがあります。
 「レッテル貼り」は自分や相手に対して持つマイナスイメージから作ら
れるため自分や他人の「いい面」を思い浮かべてマイナスイメージを払拭
するか,「人にはいろいろな性格があるから気にしないでおこう」と楽観的
に構えることが大切です。

株式会社comodo
特別顧問 永島清敬

研修に関するご相談はお気軽に
石垣敦章 080-3574-4261