評価者の陥りやすい落とし穴「逆算」

人事制度

 実際の評価結果とは関係なく,部下の評価を先入観だけで行うことをいいます。 4人いる部下の評価は「鈴木君がAで佐藤君はB島田君はCで横田君がDというように評価期間や成果とは関係なく初めから決めている評価者がいます。
 つまり,「彼はまじめな性格でいつも仕事を最後までやってくれているから」などと固定観念で評価を行ってしまいます。
 このような評価者は仕事の成果という事実に目を背け,自分の価値観だけで部下を評価する傾向があります。具体的には,人事評価表の評価項目に添って評価を行ったところ,最終評語が意図していた評語(鈴木君の評価は「A」)と違った結果になった場合,個別評価項目の評価を調整して最終評語がAになるように調整することを指します。
 このように自分の価値観だけで行う評価を続けていると部下からの信頼を失うだけでなく,やがて会社から「管理職失格」のレッテルを押されることになります。

株式会社comodo
特別顧問 永島清敬

人事制度に関するご相談はお気軽に 
石垣敦章 080-3574-4261