Emotional reasoning(感情的決めつけ)

人材育成ブログ

 「認知のゆがみ」は物事の捉え方に関する偏見のことです。1976年
アメリカの精神科医アーロン・ベック(Aaron Temkin Beck)が提唱した理
論です。
本号で取り上げる「思考のゆがみ」は,「自分が感じるのだから間違って
いない」と自分の感情が現実を映し出す鏡のように考える思考について取り
上げます。
例えば商談などの場面で準備不足から「この商談は失敗するかもしれない」
と考えてネガティブな思考や感情が前面に出てくるケースなどが該当します。
物事の判断の根拠は自分の感情であると考え,「自分が感じることが事実だ」
と思い込むあまり,時々間違った判断をすることになります。それは感情が
自分の考えを反映したものに過ぎないため事実ではないからです。
 このように,「感情の決めつけ」は「ネガティブ思考」や他人や自分にレッ
テルを貼る「labeling(ラベリング)」などと重なって冷静な判断を阻害する
要因になります。特に対人関係などでは気をつけましょう。

株式会社comodo
特別顧問 永島清敬

研修に関するご相談はお気軽に
石垣敦章 080-3574-4261