Best Place To Work

Best Place To Work

「改正パワハラ防止法の主旨」

2年前に大企業を対象に施行されたパワハラ防止法(正式名称「労働施策総合推進法」)が本年(2022年)4月1日から中小企業にも義務化されました。その背景には,パワハラ防止法の施行後もパワハラ被害は減少するどころか増加する一途を辿っている現状...
Best Place To Work

「コンサルティング会社の違法残業」

3月8日,東京労働局が外資系コンサルティング会社のアクセンチュア株式会社を労基法違反で東京地検に書類送検したことが報道されました。これは同社の管理職が本社社員に対して違法な残業をさせていたことを根拠に行った摘発です。時間外労働や超過勤務と...
Best Place To Work

憲法で保障されている『健康で文化的な生活』とは?

戦後制定された日本国憲法第25条には「すべて国民は,健康で文化的な 最低限度の生活を営む権利を有する」と規定されました。この条文は人間らしい生活の実現を図るという主旨から生存権保障の規定といわれています。つまり,人間らしい文化的生活を送る...
Best Place To Work

「同一労働同一賃金ルールにおける家族手当支給の違法性」

2021年4月1日から全面施行になった「同一労働同一賃金ルール」(法律名は「パートタイム有期雇用労働法」)の個別企業における対応状況があまり進んでいないことが独立行政法人労働政策研究・研修機構(略称「JILPT」)の調査で浮き彫りになりま...
Best Place To Work

「同一労働同一賃金ルールの適用をめぐる問題―正社員の不利益変更を伴う格差是正策」について

同一労働同一賃金ルールの適用をめぐる問題―正社員の不利益変更を伴う格差是正策
Best Place To Work

「時間外に行うPC操作は就業時間」と認定された裁判例

近年のデジタル技術の発展・普及に加えて新型コロナウイルス感染症の拡大が人々の生活様式や生活習慣,ビジネススタイルを大きく変えたという実感を持つ人は少なくないと思います。 テレワークの普及によって自宅で仕事をするようになって,ますますPCを...
Best Place To Work

ジェンダー問題について労働法制史の観点から論述

 2021年2月3日東京五輪大会組織委員会の森会長が日本オリンピック委員会臨時評議員会で女性蔑視発言を行い,ジェンダー問題が再燃しました。本号ではジェンダー不平等といわれる社会的文化的性差別問題について取り上げます。 森会長の発言は「女性...
Best Place To Work

労働法解釈「内定取消しの法理」について

 企業の各職場にフレッシュマンが入社する季節になりました。配属先の社員たちは,新卒者が来るのを心待ちにしているのではないかと思います。しかし,新型コロナウイルスの影響で業績が伸びずせっかく採用が確定した学生に対して,採用内定の取消しを行わ...
Best Place To Work

心理的安全性を正しく理解し社内で活かす

心理的安全性 心理的安全性は仕事のパフォーマンスを上げるために、非常に大きな影響を与えると言われています。効果的なチームの要因というのは、一体どういうところがあるのかGoogleが大々的に調査しました。 効果得なチーム Goo...