人事制度

メルマガバックナンバー

「インフレ手当」支給の是非について

「インフレ手当」支給の是非について
人事制度

経営インフラとしての人事制度構築

経営インフラとしての人事制度構築
人事制度

人事制度改訂は半年以上の余裕を持って

株式会社comodo特別顧問・経営コンサルタント永 島 清 敬  法律が国会で可決・承認されても実際にそれが施行されるまでには最低でも半年あまりの準備期間が必要になります。法律に実効性を持たせるためには国民に対する周知や具体的な手続...
人事制度

採用や教育より大事なこと 人事制度のお役立ち情報

採用や教育より大事なこと 人事制度のお役立ち情報
人事制度

公平性より納得性を重視する理由 (人事制度のお役立ち情報)

公平性より納得性を重視する理由 人事制度のお役立ち情報
人事制度

2種類の人事制度を比較しました

2種類の人事制度を比較しました 人事制度改革を行う理由
人事制度

なぜ今,人事制度改革を行う必要があるのか?

なぜ今,人事制度改革を行う必要があるのか?採用と企業が求める人材要件
人事制度

人事制度の問題20 人事制度改革で解決します

人事制度の問題20 人事制度改革で解決 問題・課題解決の手順
Best Place To Work

「同一労働同一賃金ルールにおける家族手当支給の違法性」

 2021年4月1日から全面施行になった「同一労働同一賃金ルール」(法律名は「パートタイム有期雇用労働法」)の個別企業における対応状況があまり進んでいないことが独立行政法人労働政策研究・研修機構(略称「JILPT」)の調査で浮き彫りになり...
人事制度

「70歳までの雇用義務の導入実態」について 人事制度のお役立ち情報

「70歳までの雇用義務の導入実態」について
Best Place To Work

「同一労働同一賃金ルールの適用をめぐる問題―正社員の不利益変更を伴う格差是正策」について

同一労働同一賃金ルールの適用をめぐる問題―正社員の不利益変更を伴う格差是正策
人事制度

「内製化がもたらす人事制度改革のリスク」⑦「アフターサービスのリスク」

本シリーズ第7回は「アフターサービスのリスク」についてお話しいたします。 人事制度改革は人事制度構築に精通した経営コンサルタントが行うのが一番ですが,予算がない等の理由で自社内で行う場合,さまざまなリスクが伴います。人事制度改革は,改革す...
人事制度

「内製化がもたらす人事制度改革のリスク」⑥「比較のリスク」

本シリーズ第6回は「比較のリスク」についてお話しいたします。 人事制度改革は人事制度構築に精通した経営コンサルタントが行うのが一番ですが,予算がない等の理由で自社内で行う場合,さまざまなリスクが伴います。人事制度改革は「労働」の評価軸をレ...
人事制度

「内製化がもたらす人事制度改革のリスク」⑤「信頼性のリスク」

本シリーズ第5回は「信頼性のリスク」についてお話しいたします。 人事制度改革は人事制度構築に精通した経営コンサルタントが行うのが一番ですが,予算がない等の理由で自社内で行う場合,さまざまなリスクが伴います。人事制度改革は「労働」の評価軸を...
人事制度

「内製化がもたらす人事制度改革のリスク」④「客観的合理性のリスク」

本シリーズ第4回は「客観的合理性のリスク」についてお話しいたします。 人事制度改革は人事制度構築に精通した経営コンサルタントが行うのが一番ですが,予算がない等の理由で自社内で行う場合,さまざまなリスクが伴います。人事制度改革は「労働」の評...
人事制度

「内製化がもたらす人事制度改革のリスク」③「経験のリスク」

 本シリーズ第3回は「経験のリスク」についてお話しいたします。 人事制度改革は人事制度構築に精通した経営コンサルタントが行うのが一番ですが,予算がない等の理由で自社内で行う場合,さまざまなリスクが伴います。通常,企業の人事部に勤務する社員...
人事制度

「内製化がもたらす人事制度改革のリスク」②「専門性のリスク」

 前号からトピックスで「人事制度改革を行う場合の内製化リスク」について解説しています。 本シリーズ第2回は「専門性のリスク」についてお話しいたします。 人事制度改革は人事制度構築に精通した経営コンサルタントが行うのが一番ですが,予算がない...
人事制度

「内製化がもたらす人事制度改革のリスク」①「公平性のリスク」

 新型コロナウイルスによる感染が世界的に拡大し長期化したことで従来のビジネススタイルや生活スタイルが一変しました。商品やサービスを提供するビジネススタイルが対面販売から通販サイトによる非接触販売に移行するなど,ビジネスのあり方自体の変革が...
人事制度

「令和2年高年齢者の雇用状況」調査結果と今後の課題

現行高年齢者雇用安定法では,企業に65歳までの再雇用義務として,定年引上げ,定年制廃止,継続雇用制度の導入のいずれかの措置(「高年齢者雇用確保措置」と呼ぶ)を講じるよう求めています。また,2004年の改正高年法施行以降,厚生労働省は企業に...
人事制度

「令和2年高年齢者の雇用状況」調査結果と今後の課題

現行高年齢者雇用安定法では,企業に65歳までの再雇用義務として,定年引上げ,定年制廃止,継続雇用制度の導入のいずれかの措置(「高年齢者雇用確保措置」と呼ぶ)を講じるよう求めています。また,2004年の改正高年法施行以降,厚生労働省は企業に...
人事制度

日本の高齢化問題について考察し,その本質を探る

 本年4月,改正高年齢者雇用安定法(略称「高年法」)が施行されました。高年法は1971年に制定した中高年齢者雇用促進法がその前身で,それを改称した法律です。それから今日まで50年間に6回の改正を行っています。 では,なぜ頻繁に法改正を行う...
人事制度

「総論賛成各論反対の心理」について考察

 2000年以降国会議員の発言や民間企業の人材要件に「グローバル人材」という言葉がしばしば使われてきました。これは経産省と文科省が21世紀に求められる人材を定義したことがきっかけになっています。経済のグローバル化が進み,世界の競争市場の中...
Best Place To Work

ジェンダー問題について労働法制史の観点から論述

 2021年2月3日東京五輪大会組織委員会の森会長が日本オリンピック委員会臨時評議員会で女性蔑視発言を行い,ジェンダー問題が再燃しました。本号ではジェンダー不平等といわれる社会的文化的性差別問題について取り上げます。 森会長の発言は「女性...
人事制度

労働法解釈「改正高年齢者雇用安定法」施行の背景について

 本年(2021年)4月1日に施行される「改正高年齢者雇用安定法」は,少子高齢化に伴う労働力人口の不足解消と近い将来の年金受給開始年齢の引上げを目的にした法改正です。この2つの問題を掘り下げると日本固有の社会的慣行の問題に突き当ります。 ...