労働法解釈

Best Place To Work

「時間外に行うPC操作は就業時間」と認定された裁判例

近年のデジタル技術の発展・普及に加えて新型コロナウイルス感染症の拡大が人々の生活様式や生活習慣,ビジネススタイルを大きく変えたという実感を持つ人は少なくないと思います。 テレワークの普及によって自宅で仕事をするようになって,ますますPCを...
人材育成ブログ

「企業の壁を超えた労働条件の適用事例」

労働条件は,自社の従業員に対して使用者が定めた労働に関するルールです。なかでも最も重要な要素が賃金と労働時間といえます。 また労働条件は,通常使用者と労働者(社員)が労働条件の内容について労働契約(民法では「雇用契約」と規定)を締結して合...
Best Place To Work

ジェンダー問題について労働法制史の観点から論述

 2021年2月3日東京五輪大会組織委員会の森会長が日本オリンピック委員会臨時評議員会で女性蔑視発言を行い,ジェンダー問題が再燃しました。本号ではジェンダー不平等といわれる社会的文化的性差別問題について取り上げます。 森会長の発言は「女性...
人事制度

労働法解釈「改正高年齢者雇用安定法」施行の背景について

 本年(2021年)4月1日に施行される「改正高年齢者雇用安定法」は,少子高齢化に伴う労働力人口の不足解消と近い将来の年金受給開始年齢の引上げを目的にした法改正です。この2つの問題を掘り下げると日本固有の社会的慣行の問題に突き当ります。 ...
人事制度

労働法解釈「改正高年齢者雇用安定法」の対応策について

 4月1日に施行される「改正高年齢者雇用安定法」は,少子高齢化に伴う労働力人口の不足対策,年金受給開始年齢の引上げ等の要因から,働く意欲のある65歳以上の継続雇用希望者を70歳まで働けるように就業確保措置を講ずるよう企業に義務づけた法律で...
人材育成ブログ

労働法解釈「同一労働同一賃金の法理と実務対応」について

 2018年6月に国会で成立した働き方改革関連法は2019年4月から順次施行されています。その中の1つ「パートタイム・有期雇用労働法」が2020年4月から大企業に施行され,2021年4月からは中小企業もその適用対象になります。この法律は労...
Best Place To Work

労働法解釈「内定取消しの法理」について

 企業の各職場にフレッシュマンが入社する季節になりました。配属先の社員たちは,新卒者が来るのを心待ちにしているのではないかと思います。しかし,新型コロナウイルスの影響で業績が伸びずせっかく採用が確定した学生に対して,採用内定の取消しを行わ...
人材育成ブログ

労働法解釈「雇用調整助成金」の歴史的役割の変遷

改正労働法について解釈を行っていきます。法律は条文解釈が裁判や労使紛争の争点になります。その意味で法解釈は法律を読み解くための重要なポイントになります。 筆者は大学時代授業に出席はしましたが,4年間で1ページもノートをとらず,毎回90分授...