認知のゆがみ

人材育成ブログ

「labeling(ラベリング:レッテル貼り)」

 「認知のゆがみ」は物事の捉え方に関する偏見のことです。1976年アメリカの精神科医アーロン・ベック(Aaron Temkin Beck)が提唱した理論です。本号で取り上げる「思考のゆがみ」は,自分や他人の性格に対してネガティブなレッテル...
人材育成ブログ

認知のゆがみ「全か無か思考」について

 「認知のゆがみ」は物事の捉え方に関する偏見のことです。1976年アメリカの精神科医アーロン・ベック(Aaron Temkin Beck)が提唱した理論です。この理論は現代の私たちが知っておいて損にはならない考えです。本号から7回にわたり...
人材育成ブログ

認知のゆがみ「Should Thinking(すべき思考)」について

 「認知のゆがみ」は物事の捉え方に関する偏見のことです。1976年アメリカの精神科医アーロン・ベック(Aaron Temkin Beck)が提唱した理論です。本号で取り上げる「思考のゆがみ」は物事や出来事に対して,「~すべき」,「~である...
人材育成ブログ

「Overgeneralization(過度の一般化)」

 「認知のゆがみ」は物事の捉え方に関する偏見のことです。1976年アメリカの精神科医アーロン・ベック(Aaron Temkin Beck)が提唱した理論です。本号で取り上げる「思考のゆがみ」は,過去のたった1つの嫌なできごとをこれからいつ...
人材育成ブログ

「Jumping to Conclusions(結論の飛躍)」について

 「認知のゆがみ」は物事の捉え方に関する偏見のことです。1976年アメリカの精神科医アーロン・ベック(Aaron Temkin Beck)が提唱した理論です。本号で取り上げる「思考のゆがみ」は他人の断片的な行動や発言で,相手の気持ちを決め...
人材育成ブログ

Emotional reasoning(感情的決めつけ)

 「認知のゆがみ」は物事の捉え方に関する偏見のことです。1976年アメリカの精神科医アーロン・ベック(Aaron Temkin Beck)が提唱した理論です。本号で取り上げる「思考のゆがみ」は,「自分が感じるのだから間違っていない」と自分...